2022年1月21日金曜日

1月中旬に読んだ本、観た映画:『門番少女と雨宿りの日常』『考える親鸞』『マトリックス レザレクションズ』

引き続き読んだ本のメモ。
一覧にしてみると、むしろいかに読んでいないかということが浮き彫りになって、焦りのようなものがうまれる。

変わった筆名の新人によるライトノベル『門番少女と雨宿りの日常』は中学での体験をきっかけにドロップアウトした主人公と、エキセントリックなヒロインとのボーイ・ミーツ・ガール。挿絵すらないキャラも含めて脇役とのやりとりがよくて、本筋は主人公たちのボーイ・ミーツ・ガールだけど、むしろ脇役たちとの交流が肝だと思った。著者次作にも期待。
この物語はたぶんこの一冊でおしまいなんだろうけど、私としては鳩田未来ちゃんをさらに深く掘り下げてほしい。好きなので。よろしくおねがいします。

近代仏教の研究者碧海寿広先生による近刊『考える親鸞』は清沢満之から吉本隆明に至るまでの近現代の親鸞論がいかなるものであったかを概説する良書。明治以降の日本人の『歎異抄』贔屓について、教養主義の流れの中で仏教伝統から切り離された個人が「書物」自体を「師」のようにして受け取った、歎異抄そのものにそのような受容を可能にする構造があったという指摘はよかった。

この10日の間に、アニマトリックスを除くマトリックスシリーズ作品を観た。
新作『マトリックス レザレクションズ』とてもよかった。三部作が叙事詩だとするなら、レザレクションズはしょうもない現実もしくは茶番劇。まさしく「現実の砂漠」といった風体。
こういう、すべて(「意味」のあるかっこいい出来事)が終わってしまった後に続かなくてはいけない、どうしようもない話が私は好き。
登場人物に重みとか格とかオーラとかカリスマみたいなものがないのがよかった。オラクルとアーキテクトは死に、ぽっと出のしょうもない精神科医が黒幕で、ネオは空も飛べない髭のおじさんで、あのスミスさえどうでもいい使われ方で、モーフィアスはトイレから登場する。クライマックスのbot爆弾のなんという醜悪さ。マトリックス・イズ・デッド! でも我々は何もかもが終わった後の世界で生きていかなくてはいけない。歴史は終わった。現実の砂漠を生きよう。

『舞ちゃんのお姉さん飼育ごはん。』第3巻はあいかわらずよかった。言うことない。タマかわいい。


上から読んだ順。

・本 10冊 通算21冊
寿司サンダー『門番少女と雨宿りの日常』KADOKAWA、2021
飛浩隆『SFにさよならを言う方法:飛浩隆評論 随筆集』河出書房新社、2021
最果タヒ『夜空はいつでも最高密度の青色だ』リトルモア、2016
榎宮祐『ノーゲーム・ノーライフ:プラクティカルウォーゲーム』KADOKAWA、2016
三好達治『測量船』講談社、1996
くまなの『くまクマ熊ベアー18』主婦と生活社、2021
じゃき『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える4』オーバーラップ、2021
蜆シモーヌ『なんかでてるとてもでてる』思潮社、2021
飛浩隆『自生の夢』河出書房新社、2019
碧海寿広『考える親鸞:「私は間違っている」から始まる思想』新潮社、2021

・漫画
伊藤いづも『まちカドまぞく』1、芳文社、2015
ねじがなめた『女の子が抱いちゃダメですか?』2、小学館、2021
ほしの瑞希『みにあまる彼氏』1、集英社、2018
秋津貴央『舞ちゃんのお姉さん飼育ごはん。』3、竹書房、2021
ミト『狼の皮をかぶった羊姫』1、竹書房、2021
つっつ『おむじょ!』1、コアミックス、2017
つっつ『おむじょ!』2、コアミックス、2019
茅田丸漫画、丁々発止原作『幼女とスコップと魔眼王』3、講談社、2022
有城壱哉『白い結婚:王と王妃の恋ものがたり』バルバレーゼ、2022

・映画
ウォシャウスキー姉妹監督『マトリックス』1999
同上『マトリックス リローデッド』2003
同上『マトリックス レボリューションズ』2003
ラナ・ウォシャウスキー監督『マトリックス レザレクションズ』2021

2022年1月11日火曜日

1月上旬に読んだ本

今年は1日1冊、年間365冊読むことを目標にしている。
一度も読んでいない「積読」がたまっているし、必要があって読み返したい本もたくさんある。365冊では追いつかないくらいだけど、とりあえずこのくらいを目安にしていきたい。
漠然と年間365冊と考えていると多分あっという間に守れなくなりそうなので、とりあえずは一月を3分割して、上旬・中旬・下旬にそれぞれだいたい10冊ずつ読むことにしたい。
昨年までは漫画は読んだ本の数に入れていなかったけど、最近は漫画も積むようになってしまったし、忙しさにかまけてなかなか読めていないので、可視化するために漫画以外の書籍とは別枠で同様に記録する。
あとは映画とかも観たら記録したいけど、あいにく今月はまだ映画を観ていない。

『伊藤比呂美の歎異抄』はとてもよかった。
題は『歎異抄』だけど、親鸞聖人の和讃や手紙などの現代語訳も含まれている。
中でも正信偈がよいと思った。

ヴェイユは断章を集めた『重力と恩寵』については以前より愛読していたけど、ペラン神父宛の手紙や論文などをまとめた『神を待ちのぞむ』は今回はじめて読んだ。
その中で称名念仏について触れている箇所があって、少し意外だった。
 宗教のつとめの力を全体として考えるには、救い主の名をとなえる仏教の伝統によって考えるのがよい。仏陀によって救われることを望んでその名をとなえるすべての人々を、仏陀は彼岸において、彼自身のところまで高める誓いをたてたと言われる。そして、この誓いのゆえに、救い主の名をとなえることには、現実に魂を変形させる力があると言われる。
 宗教とはこのような神の約束以外のものではない。すべての宗教のつとめ、すべての祭儀、すべての典礼は救い主の名をとなえる一形式であり、原理的には実際に一つの効力を持つはずである。救われることを望んで一生懸命にとなえる人は、だれでも救われるという効力である。
シモーヌ・ヴェーユ「はっきり意識されない神への愛の諸形態」『神を待ちのぞむ』渡部秀訳、春秋社、2020[初版1967、新版2009]、172ページ
ヴェイユはどこから浄土教について学んだんだろうか。鈴木大拙? そのへんの事情について詳しい方がいたらぜひ教えてください。

『鈴木ユリイカ詩集』は昨年書店でたまたま手にとって、冒頭の詩「生きている貝」にひとめぼれして買ったが、やはりとてもよかった。他の詩集も読んでみたい。


1月上旬(1日〜10日)
・本
高橋源一郎『デビュー作を書くための超「小説」教室』河出書房新社、2015
長田弘『深呼吸の必要』角川春樹事務所、2018
伊藤比呂美『伊藤比呂美の歎異抄』河出書房新社、2021
鈴木ユリイカ『鈴木ユリイカ詩集』思潮社、2015
先崎学『うつ病九段:プロ棋士が将棋を失くした一年間』文藝春秋、2020
広瀬大志『広瀬大志詩集』思潮社、2016
村上春樹『海辺のカフカ下』新潮社、2005
カニエ・ナハ『用意された食卓』青土社、2016
フィリップ・マティザック『古代ローマ旅行ガイド:一日5デナリで行く』安原和見訳、筑摩書房、2018
最果タヒ『死んでしまう系のぼくらに』リトルモア、2014
シモーヌ・ヴェーユ『神を待ちのぞむ』渡部秀訳、春秋社、2020[初版1967、新版2009]

・漫画
桜井のりお『僕の心のヤバイやつ』第6巻、秋田書店、2022

2021年11月20日土曜日

11月20日の日記:散歩、ゴッホ展、スニーカー大賞下剋上システム

この数ヶ月、というか今年に入ってから外出が極端に減って、体を動かさなくなっていた。

歩数にすると1日あたりの平均で2000歩ほど減っている。

よくないなと思って意識して歩くようにしている。Apple Watchも買ってカロリー消費も測るようにした。

今月はこの1年でいちばん多く歩いているけど、これで少しは健康になれるといいなと思う。


散歩をするようになってから、頭の疲れが取れて、いろいろなことを思いつくようになった。散歩はすごい。

そういうわけで、書きたい小説を思いついたので、先月から小説を書いている。

机に座って書いている時間よりも、ぼんやりと歩いているときのほうが重要。

よくわからなくなったときはとにかく歩く。


都立美術館で開催中のゴッホ展を観に行った。

初めて見るオランダ時代の作品がなかなかいいなと思った。貧しい農民の苦悩が伝わってくる肖像画とか。家の壁には飾りたくないけど。

堪能してから精養軒でビーフシチューを食べて帰った。

あと駅の書店で本谷有希子の『静かに、ねぇ、静かに』を買った。本谷有希子さんは買うだけ買ってまだ読んだことないんだけど、書店でチラ見するたびに「きっといいやつだ」と思って毎回買っちゃう。どんどこ積読が増える。


スニーカー大賞というライトノベル新人賞で、読者投票で最終選考に進む作品を決める「下剋上システム」というイベントを開催中だそうです。

https://kakuyomu.jp/special/entry/sneaker_award_27th_gekokujou

Twitterの相互フォロワーのひとが参加しています。

全7作品がエントリーされていて、私のお気に入りはエントリーNo.1の優咲ゆめ『アンドロイドガール・ナンバーアンダー』と、5のアレノアザミ『ニアイコール・ネイキッド』(これが相互フォロワーの作品)、No.6の八神響『民族衣装と偏執者』です。

『アンドロイド』は独特な雰囲気の作品で、正直言って文章は、というか小説として、あんまりうまくないかもしれない(すみません)。でも読んでいて作者の想いというか、表現したい「世界」みたいなものを強く感じた。凡百の才能ではないので、この作者はたとえ今回通らなくてもいずれ世の中に出ると思う。

『ニアイコール・ネイキッド』はエントリー作品の中で、特に「身体に馴染む」小説だった。こういうラノベが読みたいよな、と思わせる。バトルあり、ボーイ・ミーツ・ガールあり、陰謀あり、メタあり、世界の危機あり。あとヒロインがかわいかった。

『民族衣装』は、ラブコメになるのかな?ならないのかな? コメが強い。アクも強い。あらすじ紹介に書いてあるのでネタバレにならないと思うんですけど、主人公が理想の『妹』を求めている人間で、赤の他人のロリっぽい先輩に「俺の妹になってくれませんか?」というシーンがあって、かなり笑いました。ただ全体的に登場人物に倫理がないというか、いろいろな意味で、ちょっとあれかな、ヤバいかなと思わせる箇所が多々あるので、ひとによっては合わないかもしれない。私は好きだけど。作品の基調が倫理的にあれ、という点は理解しつつも、このコメディ感は好きなので、期待したい。

投票期間は11月26日まで。ぜひ読んで投票してみてください。

2021年7月18日日曜日

7月18日の日記

 小林さんちのメイドラゴンS第2話を視聴。新キャラのイルルがかわいい。第1話を観たときにはこのままずっとバトル展開だったらどうしようと思ったけれど杞憂だった。

今季は他に、まちカドまぞく(再放送)とウマ娘プリティダービー第1期(再放送)を観ている。


コメダ珈琲で期間限定のコメ牛を食べる。前々から気になっていたグラタンも。美味。


ねこの散歩中に間が持たないときがあるので、文庫本を持ち歩いている。今日は谷川俊太郎の最近出た詩集『さよならは仮の言葉』を読みすすめた。過去の詩集からの選集。だいたいぜんぶ読んだことがある詩だけれど、編集が変わるだけで面白い。谷川俊太郎は好きな詩人トップ5に入る。暁方ミセイ、最果タヒ、谷川俊太郎、西脇順三郎、萩原朔太郎(50音順)。

2021年7月13日火曜日

7月13日の日記

急に暑くてびっくり。まるで夏でねこの散歩も難儀。


デレステでは椎名法子ちゃんのソロ曲MVが発表されててとてもかわいくてうれしい。みゃーん。

渋谷凛さんの限定SSレア衣装を入手。n万円の課金で天井。ソーシャルゲームにこれほどお金をつぎこむのは過去になかったこと。常の私ならば欲しい限定衣装があったら1年後の復刻を待って無償石をある程度(確実に入手できるまで)貯めてから挑戦していたはずで、このように次から次へとお金を投じてギャンブルじみたことをするのは初めて。このところの精神状態の不調が表れていると思う。


実は本物のギャンブルでもいくらか(大した金額ではないけれど)むやみやたらとお金をスッてしまって、そういうことをして快楽を得ようとする、そういう流れ、そういう欲求が私の中に生まれているらしい。もうどうにもならない。


連絡が届いたりすると心臓がバクバクして胃が重たくなる。私を放っておいてくれ、という応答をするのも嫌で、見ないふりをしている。世間は無情。感嘆符のついた文章は恐怖。


豚をいっぱい煮て豪勢な夕食。デザートにメロン。ねこもメロンを食べて、果汁も飲んで、満足。虚無に陥っているとねこと遊べないので、虚無に陥らないのがいいですね。明日も晴れるといいですね。

2021年7月12日月曜日

7月12日の日記

今日はアプリ「ウマ娘プリティーダービー」でハルウララを育成。シニア級の有馬記念で2着。今までで最高の順位。

すでに50回近く試行している。
現状でも運次第で1着も狙えそうだが、確実に狙うには因子継承元をもう少し磨く必要がありそう。


こちらは皐月賞1着のスマートファルコン。ファル子は素のバ場適正がさほど低くないのでハルウララ用の芝因子を用意できる人なら比較的容易そう。試してないけどウオッカの日本ダービー制覇とかも。



2021年7月1日木曜日

7月1日の日記:ねこの散歩

世間ではよく猫のことを「猫さま」と呼んで、自分は猫さまの召使いだ、というようなことを言う人がいるけれど、私自身は自分の家の猫についてそういうふうには思っていない。けれど猫の方では違うようで、自分のことを王様かなにかと思っているらしい。前に動物番組で観たのだけれど、雄猫は母猫に暴力を振るわれて追い立てられてようやく独り立ちするらしい。私に甘やかされている(ときどき喧嘩もするけれど)拙宅の猫は、いつまでも自分のことを子猫であるかのように考えて、母に甘えるように私に無限の要求をするのかもしれない。
猫の近頃の楽しみは散歩に出ることで、散歩と言っても犬のように何キロも歩き回るのではなく、家の周りの、本当に半径10mにも満たない範囲のにおいを嗅ぎ回るにすぎないのだけど、とにかくそれが好きで、日になんども外に出たがる。
ハーネスを着ければ外に出られるということを理解しているようで、最近は猫用のハーネスをしまってある引き出しを覚えて、何かというとその前で鳴いて散歩を要求する。雨の日でも構わず散歩に行きたがるので、少し前まではそういうときは抱っこして玄関の外に連れていき「身体が濡れるでしょう?今日は雨だから散歩は無理だよ」と言い聞かせて、それでどうにか理解してもらっていたのだけど、だんだんと雨もさほど苦にしなくなってきたようで、とうとう今日は雨の中散歩に連れて行かれた。だいたいは軒下で寝そべっているからいいけれど、それでもときどきは屋根の外に出て歩き回るし、こちらも濡れるし、猫も濡れるし、大変なことになってしまった。しかし、もう散歩が一日のルーチンの中に組み込まれていて、猫はルーチンを乱されることを何より嫌がるので、致し方ないことです。